沖縄が好き!!

沖縄が好きで好きで仕方ないブログ。

熱中症とタコライス

f:id:ocaca03:20190308195746j:image

一昨年の夏に友人と旅行へ行った時のこと。

 

旅行最終日、夜に帰りの飛行機を控えた私たちは、早起きをして早々と那覇のホテルをチェックアウト。

そのまま荷物をホテルに預かってもらい、ダッシュ泊港へ向かいました。

高速船で渡嘉敷島

この日、旅の最後に向かうことにしたのは、慶良間諸島にある渡嘉敷島

泊港から高速船、もしくははフェリーで行ける離島です。

予約はこちらから↓

 

私たちは高速船をチョイス。

約35分間船に揺られて到着した渡嘉敷島。いつも通り行き当たりばったりの旅、予約等は無しで港近くのレンタカー屋さんへ。原付バイクをレンタルします。

小高い山になっている島。ほとんど一本道を走れば島をぐるっと回れちゃいます。そして走ってる途中に絶景がたっぷり!

f:id:ocaca03:20190308195746j:image

道路の途中で路肩に停車して眺めた景色です。

最高ーーーーー!

絶好の天気の中、海を眺めながら原付で走り抜けます。

ノースリーブを着ていた私は、肩まっかっか。

ビーチで死にかける

島を駆け抜け、島の南にある阿波連ビーチへ。

f:id:ocaca03:20190308203224j:image

ビーチの周辺にはシュノーケルなどの海遊びグッズのレンタルのお店があったり、雰囲気のある海の家があったりといい感じです。

海の家を通り過ぎビーチへ。

f:id:ocaca03:20190308203641j:image

あぁーー良い………。

海めっっっちゃキレイ。これぞケラマブルー

なんて言いながら、はしゃぎ回ります。

ビーチの端から端まで歩き、波打ち際に足を突っ込み、写真撮ったり……

 

そんなことをしているうちに、異変が置きました。

 

くらくらしてきた

 

目の前がチカチカし始め、平衡感覚がだんだんおかしくなりフラフラします。

立ってるのもきつくなり、友人に訴えます。

「あかんわ熱中症かも……」

頭がふわふわして倒れそうに。あわてて持っていたポカリスエットをがぶ飲みして、しゃがみ込みそうになるのを我慢しながらビーチの入口まで戻ります。

フラフラしながら、一軒の海の家に逃げ込みます。

よく晴れていた真夏日のこの日。帽子は被っていましたが、それでもずっと外でジリジリ太陽に焼かれ続け、気がつけば熱中症になってました。

 

日陰に入ると何だか少し元気になったので、そのままお昼ご飯を食べることに。メニューを選ぶ余裕があったのでひと安心。

 

……ところが、座って待っている間に気持ち悪さが徐々に復活。

やばい……

友人と話すことも出来ず、壁に持たれてぐでーーっとします。友人のアドバイスで、直前に買った冷たいポカリのボトルをおしぼりにくるんで脇にはさみじっとします。

 

注文した料理が運ばれてきますが……

食べれない……………

 

海の家のおばちゃんと友人に本当に申し訳ないと思いながら、ちょこっと食べて残してしまいました。

友人に勧められて味噌汁だけは完食しました。塩分も取った方がいいと。

 

涼しいところでじっとしていたおかげで、しばらくすると元気が戻ってきました。

その頃にはもう島を出る時間。お会計を済ませ原付で港へ。

 

来たばかりの渡嘉敷島に別れを告げて、船に乗り込みます。

 

船の中でうたた寝する友人のスマホがチラッと見えると、画面には「熱中症の対処法」が。

その場で色々調べてくれてたみたいです。

 

心配させたし、島も回りきれなくてごめんね……また次行くときは、もっと熱中症対策万全にしよう。

食べられなかったタコライスも、また食べに行きたいな。

f:id:ocaca03:20190308205141j:image

あったかいところに住む人々は穏やか

f:id:ocaca03:20190306213532j:image

本土に住む人間からすると、沖縄は年中あったかくていいですよね。。。(沖縄に何年か住むと、沖縄の冬も寒く感じるらしいですが…!)

そして、あったかい沖縄に住むしまんちゅたちは、穏やかで陽気な人が多い気がします。

なんくるないさ」なんて言葉がまさにそれを示してますよねぇ

ええなぁ〜

やっぱりあったかいと、人の心もあったかくなるんでしょうか?

こんな研究結果が

調べてみたら、気候と人の性格の関係性の研究結果が、北京大学から発表されていました。

温和な気候の場所(平均気温22度)で暮らす人は、より極端な気候で暮らす人と比べて感情的により安定し、外向的で、新しい経験に対して開かれている人格のようだ。したがって、気温は唯一の形成要因とは言えないにしても、性、年齢、収入(これらも考慮された)よりも重要な役割を果たしていると結論づけた。

あったかいを超えて死ぬほどの酷暑だったらダメでしょうけど、やっぱり程よく温暖な気候は人の性格も穏やかにするんでしょうね。。

記事によると、例外もあるみたいですけどね。

あったかいところが好き

寒くてモコモコの上着を着て肩が凝るのとか、冷たい空気を吸って鼻の奥がツーンとしてしまうのとか、とにかく私は寒いのが苦手です。

いや、猛暑も耐えられませんが……。

ああ、あったかいところに住みたい!

沖縄に住みたい

住むぞ〜〜!

【雑】沖縄旅行のちっちゃい楽しみ

晩ご飯もそこそこに、

コンビニや地元のスーパーに寄って、適当に色々買い込んで宿泊先で広げるのが好き。

f:id:ocaca03:20190303200648j:image

こんな感じ。

この日は友人と2人、スーパーでオリオンビールジーマーミ豆腐太刀魚のお刺身を購入。

あとブルーシールアイスも。

 

ジーマーミ豆腐は落花生を使った沖縄の郷土料理。だし醤油っぽい付属のタレをかけて頂きます。

ジーマーミ」が琉球語で落花生を意味するそうです。

「豆腐」って名がつきますが、冷奴的な食べ物ではなく、ごま豆腐のピーナッツ版みたいな感じ…?

もちもちして、何となくクセになります。

 

太刀魚の刺身、最初は「沖縄っぽい変な色の魚食べるか!!」と話してたんですが、何だかんだ美味しそうなのでコッチを購入。

調べると、旅行の時期(11月でした)がちょうど沖縄の太刀魚漁のハイシーズンだったみたい。美味しかった…!

 

独特なお味のジーマーミ豆腐と、美味しい太刀魚をつまみながら、沖縄のローカルテレビを観つつぐだぐたする、良い夜でした。

ちなみに沖縄だけじゃなくどこへ行ってもやります

【今週のお題】私の未来予想図

はてなブログにちょっとずつ慣れてきた今日この頃。

今週のお題」の存在に気づきました。

 

私の目標

最初の記事やAboutにも書いてあるのですが、私の目標は沖縄に住むこと。

大好きな沖縄に旅行に行くだけではもう我慢できない!沖縄に住みたい沖縄で生活したい

この想いをずーーーっと抱きながら過ごしています。

 

ただ住みたいなぁと思いながら過ごしてるわけではなく、実は水面下で色々準備してたりします。フフ。

 

沖縄のじめっとした気候。ものすごい紫外線。

電車は通っていないし、通販も今以上に送料が高くなる(笑)

きっと住んだら現在との違いに大変な思いをすることもあるでしょう。

それを踏まえても、「それでもやっぱり沖縄に住みたい!」という想いが変わらずにあるので、その気持ちに素直に従おうと思いました。

仕事について

私の仕事は、Webデザイナーです。

制作会社に所属して、ホームページとかを作ったりしています。

まだまだ未熟な下っぱですが、ちょっとずつ頑張っています。

 

沖縄に移り住んで働くためにも、もっともっとスキルを上げて一人前にならねばと頑張っているところです。

ただ、もしも沖縄で全然違う職業についたとしても、それはそれでアリです。

無理なく楽しく暮らせることが私の中では一番大事です。

想像を現実にする!

沖縄を訪れる度に、観光地以外にも地元のスーパーや食堂に立ち寄って売っているものや食べられるものを見ながら、ここに住んだら…と妄想するのが楽しみの一つです(変人(笑))

f:id:ocaca03:20190228213104j:image

一日の終わりにオリオンで乾杯をする生活、いつか手に入れるぞ!

POLA×はてなブログ特別お題キャンペーン #私の未来予想図

バナー
Sponsored by POLA

魅惑のぷちぷち海ぶどう

f:id:ocaca03:20190226184939j:image

海ぶどう

沖縄といえば……で思い浮かぶ食材のひとつですね。

緑のキラキラしたぷちぷち、なんとなく可愛いです。これがテーブルの上に乗っていると、「あ〜沖縄の居酒屋にいる!」って気分になります。

 

ただ私、最初は食わず嫌いしてたんですよね海ぶどう

いくらが苦手なんで、同じようにぷちっと弾ける海ぶどうにちょっとビビってたんです。見た目も謎だし。

ビビり過ぎ〜

でもある日友人と旅行へ行った時、訪れた居酒屋で店員さんと仲良くなり、「これサービスしてあげる」と注文していない海ぶどうを一皿出してくれたんです。

出してくれたものを断るのも気が引けたし、お酒でいい気分だったので勢いで一口食べてみたところ、美味しかった

そもそも、いくらは苦手だけどとびこ数の子は普通に食べるので、いくらよりそれらに近い食感の海ぶどうは問題なく食べられるのでした…(笑)

そのお店は特製のタレを添えて出していました。海ぶどうってそんな強い味のしないものなので、そのタレが美味しかったっていうのもあるんですが(その店の料理どれも美味しかった!)

他の食べ方もいろいろ試してみたくなりました。

とろろと合わせたどんぶりとか素敵〜〜!

ていうか海ぶどうって何?

海藻だっていうのは知っていますけど。何だかよくわからないですよね、海ぶどう

暖かい海の海藻

海ぶどうは正式名称を「クビレズタ」といい、暖かい海に生える海藻です。グリーンキャビアと呼ばれたりもするそうです。

私たちが食べるものは、ほとんど養殖ものだそう。

国内では言わずもがな、沖縄が養殖生産量No.1です。

冷蔵庫に入れちゃダメ!

海ぶどうは温度変化に弱い海藻です。

お土産屋さんで海ぶどうを買うと必ずといっていいほど言われるのが「冷蔵庫に入れないで!」という注意。

 

もし冷蔵庫に入れて冷やしてしまうと、水分が抜けてしまい、しぼんでしわしわになってしまいます。プチプチ感が売りの海ぶどうが台無しです。

海ぶどう15℃〜28℃が適温。保存は室内の日かげで!

うちなんちゅは食べない?

ところで、聞いた話だと沖縄県民は海ぶどうあまり食べないとか。

アーサやもずくは食卓に上がるようですが、海ぶどうは食べるのは観光客くらいだ…とか。

一人で沖縄を訪れた時に入ったお店で店員さんとしゃべっていたときも、「地元の人間は沖縄料理あんまり食べない」なんて言ってました。

そばやちゃんぷるーは普段から食べてるんじゃないかなと思いますが、海ぶどうみたいなものは観光客向けと捉えているんでしょうか。

名古屋に住んでても名古屋コーチン食べないしね。え、違う?

 

今度行ったら、海ぶどう丼とか海ぶどうそばとか頼んでみよ〜!

全国の梅好きのあなたへ。スッパイマン

スッパイマン、ご存知でしょうか。

f:id:ocaca03:20190224210619j:image

写真はキャンディですが、乾燥梅干しのお菓子ですね!

駄菓子屋とかコンビニのお菓子売り場でよく見かけます。

このスッパイマンが、私の妹の大好物なんです。

 

子どもの頃から馴染みあるお菓子で特に気にしていませんでしたが、これ沖縄のお菓子なんですね。

f:id:ocaca03:20190224211300j:image

那覇空港や沖縄のいろんなお土産屋さん、スーパーやコンビニにもスッパイマンが置いてあります。

特に上の写真のキャンディが妹のお気に入りなんですが、地元ではこのキャンディタイプ、あまり見かけないみたいなんです。

なので私が沖縄へ行くたびに「キャンディ買ってきて!」と頼まれます。

いつも帰りの空港で大袋を買っていきます。

 

売り場には他のスッパイマン商品が所狭しと並んでいます。

さすが地元のお菓子、私の住むところではなかなか見られない商品もたくさん並んでます。

スッパイマン柿ピーとか、スッパイマンふりかけとか、スッパイマンちんすこうとか(笑)

全部を試してはいませんが、私が個人的に好きなのはこれ↓

スッパイマンいか天 33g | 商品詳細 | 沖縄お土産はスッパイマン上間菓子店www.amaume.co.jp

ホームページが割と賑やか

スッパイマンのことが気になって公式ホームページを見てみたら、結構賑やかで凝ってました。

そのホームページ曰く、貫地谷しほりさんがバッグの中にスッパイマンを入れていると雑誌のインタビューに答えているんだとか(笑)

さらに、豊見城にある工場は中を見学できるんだとか!

詳しくは↓

工場見学へ行こう | 沖縄お土産はスッパイマン上間菓子店www.amaume.co.jp

 

昔から馴染みあるお菓子の新事実を知ってちょっとニヤニヤするとなりのおかかでした。

癖になるわぁ〜